常々耳にすることのひとつに、趣味と仕事との位置づけや関連のことがある。
趣味を思いっきり、存分に愉しみ充実させるために働くということ。あるいはその逆で、好きなこと自体生業として食べていくという選択。仕事が趣味だとすら言い切る人もいる。逆に、「ただ純粋に楽しむためにこそするのが趣味」ということで好きなことをビジネスにはせず、趣味のままにしておくという人も。
いずれにしても、それだけ人生の中で取り沙汰されるテーマなのはたしかだろう。好きを仕事にしようがするまいが、答えは千差万別。人の数だけ答えの出し方があることだろう。
同じ業務をしていても、満足に愉しむための趣味がひとつでもあれば力が出てくることだってある。趣味実現のための仕事となれば感じ方やもたらされる張り合いが違ってくるだろうし、それはそれで十分意味のある働き方だと思う。私自身もそうだ。
どういう状態になれば満たされたり幸せを感じるのか?自分で自分の幸せを分かっていることと、そのための意味ある選択と決断をすることが大事なのだろう。と、私も仕事の一部は好きの延長で行い、またべつの業務は趣味や好きなことのためというスタンスで生きながらそう思っている。そしてどちらのお仕事も、人生を充実させるためのもの。
いずれにしてもね。これからも日々充実させていきたいことには違いないね。一度きりの人生だもの、思いっきり生きるために!ミュゼ 残り回数 確認