小学4年になったかわいい姪っ子。クラスでは元気なグループに所属している。これくらいの年の女の子は、こそこそ話が大好物で、やたらこそこそ話をしたり、やたら笑い声も大きくなったりする。ある日、いつも元気な姪っ子がちょっとだけしょんぼりモードで帰ってきました。
「おかえり。どうしたん?」
毎日、顔を見ている母親代わりのおばあちゃんが異変に気づき、声をかけていました。
「ただいま。ううん、なんでもないけど。なんか、〇〇ちゃんが私の方見ながらこそこそ話しとった。」
そっかそっか。そういうことね。
「でも、▽▽ちゃんが「なんでこそこそ話しとん?」っていうてくれて~」
そっかそっか。そういう友達もいるんだね。
そのあとは、姪っ子といっしょにいろんな話をしました。こそこそ話はやっぱり気持ちのいいものではないし、自分も気を付けなきゃいけないということ。それから、そういうことの積み重ねで、友達は嫌な思いをしてしまうかもしれないということ。そして、知らん顔するのではなく、できるだけみんなで気にかけて「なになに~?」と会話にしていくといいよ。って話。難しい年頃になりかかっている小学4年生。そのこそこそ話だって、きっと大した話ではないのかもしれない、でもそんな風にしてみたい年頃なんだろうなぁと、自分のころ、娘のころを思い出してみていました。ベルタ酵素 楽天

私はおさがりクレクレ人間です。
今、下の子どもが幼稚園に入園する歳なのですが、上の子のおさがりのみで行きたいくらいでしたが、新しく買い揃えないといけないものがたくさんあり、誰か〜なんてこっそり期待してしまっています。
というのも、私には幅広い層にママ友さんという強い繋がりがあるんです。
とはいえ、正直薄い繋がりであるのも事実で、でも、まあまあ仲良くしているから、できればなんかくれ、うちの子が入るの知っているなら、そちらは卒園するなら、って思てるんです。面と向かってクレクレはなかなか切り出しにくく、おさがりの体操服が小さめで〜とか、男の子って汚すよね〜なんてアピールはしているのですが、今のところ申し出はなし、卒園式が終わったらもしかしたら処分に困って連絡してくるつもりかしら?と、新しく買い足すのを待っている状態です。
別に慌てて買わなくてもまあ、一枚あればしばらくは大丈夫そう。
もう少し待ってみたいと思います。医療脱毛 顔