昨日私は新しい言葉をひとつ覚えました。
それはニフレックです。
これは下剤の名前らしいのですが、大腸の検査のことで調べていたらこの薬の名前を知りました。
私は人生で一度も大腸内視鏡検査を受けたことがないのですが、検査を受ける人達の多くはこの薬を事前に飲まされるそうです。
何故下剤を飲むのかですが、肛門からカメラを挿入するから便が出ないようにする為は勿論のこと、便が邪魔をしていると大腸をよく観察することが出来ないかららしいですね。
私がびっくりしてしまったのは、このニフレックという下剤は2リットルも飲まなければならないそうです。
2リットルって普段水分を摂る時ですら多いのにあまりにも多すぎではないでしょうか?
水のような便になるまで飲み続けなければならないそうなのですが、こんなの飲んでトイレに間に合わずに漏れてしまうなんてことはないのでしょうか。
私はまだ大腸検査を受けるかどうかは分かりませんが、女医さんが「大腸検査は大変だからねー」とチラっと言っていたことの意味で検索をしてみてようやく分かりました。
下剤というだけで辛いのに量が多過ぎると思います。