小学校で行ったトウモロコシの収穫体験と試食

4年生なる娘が学校の授業でトウモロコシの栽培を行いました。
今日、待ちに待った収穫をしたようです。
採れたてのトウモロコシを蒸してその場で試食したようです。
トウモロコシが少し大きくなって来た頃、大雨ふりトウモロコシが倒れてしまったり
いろいろハプニングがありました。
害虫が付かないように、害虫の種類を調べたり対策したり子供たちみんなで頑張ったようです。
学校の教室を除くと後ろの壁にはそれそれ調べたことをプリントにまとめて張り出してあるのも見ました。
娘の友達も収穫をすごく楽しみにしていて、採れたらお母さんにあげたいと意気込んでいました。
娘が、勢いよく帰宅してきてトウモロコシを私にくれました。
私が育てたトウモロコシだよ!ちゃんとできて甘かった!と、すごくうれしそうでした。
こんな体験は、小学生の時にしかなかんかできないですしとても貴重な体験だと思います。
作る喜びや感動を大人になっても忘れずにこのまま大きくなっていってほしいと願います。