なかなか上手く使いこなせない『自動着色』

『自動着色』これをニュースアプリで見て、その再現力に驚いたのです。AI技術、芸術方面もここまで来たのかと。早速ちょろちょろっとスケッチブックに絵を描いて、それをペン入れしてスマホで撮影。それを画像処理ソフトで影を消去等加工して線画にするのです。その線画を元にポチッと「自動着色」という項目がついてる画像処理アプリで着色。結果、ニュースで見た物と全然違う物になっていました。どうやら線画のあとに色々と作業があるらしく、その作業をしないと上手く着色してくれないらしいのです。アプリで駄目なら、WEBサービスで提供している『自動着色』サービス(無料/登録の必要なし)で、試してみました。そちらも線画を読み込ませた後、ここはこの色で…とアタリをつけてボタンをポチっと押すと着色してくれます。二種類着色方法があって、好みによって使い分けられます。あくまでも私の場合だけかもですが、アプリよりはWEBサービスの方が使いやすかったかなと思います…が。やはり、こうじゃないんだよなあ…という所がでてきてしまうので、結局使いこなせてません。結局どうやっても駄目な時は、画像処理ソフトで普通に指とスマホ用のペンで塗っています。上手く使える人はいるのに、私はまだまだなようです。残念。ミュゼ 580円 キャンペーン 予約